FC2ブログ
 --------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
 2009-10-10

滋賀遠征勢の軌跡

このブログに移行してから
前回始めて追記機能(続きを読む)を
何の予告もなく使ったわけですが気づきましたでしょうか。


~あらすじ~

滋賀について1日目まったり遊んだよ!

~あらすじここまで~


2日目。本来この日に帰る気満々だったのですが
実は昨夜「明日大阪にいる友達んとこ行くから」と言われてました。

えっ?
なにそれ聞いてない

さすが大阪に荷物持って行ってそのまま帰ってくるのは
かなりエキスパートな気がしたので1日滞在時間を延ばすことに。

大阪に行く前に折角滋賀に来たのに本当に何も観光的な物がないと寂しい
という事で、午前中に彦根城を見に出かけました。



が。人がすごすぎる。



何でしょうか、いくらシルバーウィークとは言えここまで混むものかなぁ、と
少し考えた結果最近のよくわからない歴史ブームのせいだと結論づけました。
よくわからないと言うとブーム中の方々に大変失礼だと思うのですが
何故、今、このタイミングで、ブームなのかがわかりません。

大阪に行く為の電車に乗る時間がかなり危なそうだったので
結局中に入ることは出来ませんでした。残念。
話によると琵琶湖も見えるらしいので非常に残念です。

はい、大阪につきました!
え?途中経過?
ただ電車に乗っただけです。
何かこの旅行つくづく「ただ~だけ」が多い気がする・・・w

友だちと合流するのに若干手間取りながらも無事合流し
おいしい(らしい)お好み焼き屋の開店待ちの行列に加わり雑談。

開店時刻になり中で注文する段階で
「今日Wさんのおごりっすよね!」(大阪に居た友達の発言)
パチンコで勝ってる事を合流してすぐに言ってたので
何と言うか当然というか必然というかな流れに。
何故か下手に出る時は「っす」とつけるのもよくわからない。でもつけちゃう。
そして当然のごとく一番高い物を注文する遠慮のなさ。

見るからに観光している関東人の雰囲気が全開だったせいか
お店のお姉ちゃんが焼いてくれました。手間がなくていいよねありがとう!
関西節なのか私達の話にもちょこちょこ割り込んで話をするのですが

うーん、個人的にはちょっと踏み込みすぎな突っ込みが多く
若干げんなりしてました。
関西だから、とひとくくりにしがちな場面ですが
私の関西の知り合いはそんなことは全くないので
やっぱり人それぞれだなぁと実感する場面です。

肝心の味の方はといいますと
うーんまぁ、まぁ、です。
場所補正を抜いて考えるとやっぱりまぁ、まぁ、です。

お好み焼きを目一杯食べるつもりは最初からなかったので
次は串かつを食べようと別の店に。
「Wさんのおごりっすよね!」
かわいそうです。勝ち分なくなるんじゃなかろうかw
中ではトマト嫌い仲間が「おごってもらう為にトマトを無理矢理食べさせられている」
と一言で表すと明らかに日本語がおかしい状態が繰り広げられていました。
僕には無理だ。生トマトだけはごめんなさいすぎる。
串かつはおいしかった!
どう考えてもサイズと値段が釣り合わなさすぎるだけはある。

その後たこ焼きを食べたのですが
タコ大と謳ってるだけあり本当にとてつもなくタコが大きいたこ焼きでした。
普通のたこ焼きならきっとおいしかったんだろうなぁと
若干がっかりしつつも関西たこ焼きを食しました。

と、ここでわかったのは
関東でもおいしいたこ焼きやお好み焼きは当然おいしいし
別に本場に限る必要は全くないなぁ、って事でした。
おいしい店知ってる人と行かないとだめですね。横浜中華街とかね。

そんなこんなで2日目終了です。


3日目
朝7:00。規則的に体が起きようとしているものの
「うーんあともう少し」の"あの"状態の時、
Wが唐突に「ううう"う"ーん!」
とすごいうなり声を上げたので
うとうと状態から即座に回復し目が覚めました。

何だ何だ、部屋暑かったのかなと思い
暫く寝転がっていたのですが一向に起きる気配がない。
休日のこんな感じの時間って私以外に起きてくる友だちが
いまだかつて出来た事がないので
いつも1人起きている事になるのですが
起きていても携帯いじるぐらいしか選択肢がないので二度寝をする事に。


―1時間後―



「ううう"う"ーん!」

!?

何だ何だ起きぬけの一言はうなり声なのか君は!
と思ったもののやはり起きていない様子。

起きた後聞いてみたところ本人にうなった自覚があったようです。
自覚があるってすごいなぁと思いつつ話を聞いていたところ
結論を言えば悪夢でうなされていたご様子。
何と言うか何処までも素直で正直に生きている彼は
つくづくすごいと思った。

帰りの新幹線は連休最後(水曜日)だった事もあり
自由席だった私は当然のごとく立って帰った事が
この旅行での思い出のウェイトをかなり占める事になったのは内緒です。


元々そこまで取り立てて色々書ける内容ではなかったことと
日付間隔が開いてしまったことで
淡々と書き綴る感じになってしまいましたが滋賀遠征記はこれで終了です。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://meniks.blog45.fc2.com/tb.php/10-111f1015
≪ トップページへこのページの先頭へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。